特定小電力トランシーバーの利用について

特定小電力トランシーバー(無線)の通信距離について

無線,特定小電力トランシーバー,通信距離

特定小電力トランシーバーは通称特小なんかと呼ばれている。この特定トランシーバーの良い点は、資格不要でに誰でも使えるということです。
通常の無線機関係やアマチュア無線やデジタル簡易無線等様々ございますが免許や登録が必要だったりしますが
この特定小電力トランシバーについて言えば免許も登録の申請も不要なのです。
これさえあれば、例えばサバイバルゲームにも使え、以外に重宝するはずです。
その特定小電力についてですがまず交信距離ですが、普通はたいてい200mが限度とされています、
しかし障害物のあり無や高低差やで通信距離は短くなったり長くなったりします。電波は地面を通らない性質です。目安として相手が見えない場合の通信は難しいと言えます。
電波に影響を与える障害物とは何かというと金属物・やコンクリート等の建造物です。
携帯電話などでもつかえませんよね。しかし木等の自然のものはそれ程影響が少ないと言えます。交信するお互いのトランシーバーの間に何も無い状態が一番ベストなんです。
あと少しでも良好な電波環境を整えたいと考えるならアンテナは長くだして高い位置にしたほうがいいのです。電波を最大限に利用しようとするなら、アンテナの長さは交信の安定性に必要不可欠です。
そして重要なのが機種選びです。高価格品には、防水性や堅牢性が強く、中継器に対応した製品、プライバシー対策など高機能になっている。使う用途にもよりますが
サバイバルゲーム等外で利用するなら防水性と堅牢性は必須です。ある程度高くなるかもしれませんがちやんとしたものを購入しましょう。
そして重要なのが機種選びです。高価格品には、防水性や堅牢性が強く、中継器に対応した製品、プライバシー対策など高機能になっている。使う用途にもよりますが
サバイバルゲーム等外で利用するなら防水性と堅牢性は必須です。ある程度高くなるかもしれませんがちやんとしたものを購入しましょう。

 

あと互換性にも気をつけなければいけません。一般の特定小電力機には9ch(チャンネル)機、11ch機、20ch機の3種が存在しています。
同じチャンネル同士なら互いに通話可能ですが、交信周波数が違う場合通話が不可能なので、違う機種の特定小電力トランシーバーを購入する時は
チャンネル数にも注意しなくてはならないのです。


お薦めの特定小電力トランシーバー

 

かなり激安な価格で特定小電力トランシーバーを販売しているネット販売を発見しました。
機種はスタンダードの
FTH-307が税込で9,990円
さらに中継器と組み合わせれば、通話エリアが飛躍的にアップするので電波が届きにくい場所でも使うことが
可能です。ビジネスはもちろんレジャー等様々なシーンでご利用いただけるというのがメリットです。

FTH307

FTH
スタンダードのFTH307の機種です

FTH307(イヤホンマイク付き)

FTH307イヤホンマイク付き

FTH307のマイクが付くパターンです


トップページ バーチャルオフィス レンタルオフィス 賃貸オフィス