バーチャルオフィスの選び方

賃貸オフィスを借りるために必要な費用

イメージ

"会社を起こす時には様々な費用が掛かりますが、事務所を構えるための費用も忘れてはいけません。
ビジネスにおいて収支計画を立てることはとても大事なことなので、賃貸オフィスを借りるための費用について見てみましょう。

 

賃貸オフィスを契約するときに掛かる初期費用は、以下の通りです。
・礼金
・仲介手数料
・前家賃
・共益費
・保証金(敷金)
住居用のアパートを契約するときとさほど変わりませんが、オフィス用の物件は保証金が高いことが多いです。
少なければ家賃の4ヶ月程度で済ませることもできますが、場合によっては10ヶ月分程度を用意しなくてはなりません。
これらの契約金は、すべて現金で用意する必要があります。

 

また、完全なオフィス仕様の物件ではなく、単身用住居にも使えそうなSOHO向け物件もあります。
その場合は比較的初比費用を抑えることもできますが、業務の規模によっては使いづらいこともあります。
他にも引越しをするときや事務機の購入・リース費用なども考えておかなくてはいけません。

 

少しでも賃貸オフィスの初期費用を抑えるのであれば、仲介手数料を抑えた不動産業者を選ぶという方法もあります。
賃貸物件の仲介手数料は家賃の1ヶ月分を超えない額と上限が決められているので、さほど違いはありませんが、中には半額程度に抑えた業者もあります。
他にも敷金や礼金の額が異なることもあるので、初期費用に注目して物件選びや仲介業者選びをするのもいいでしょう。"



トップページ バーチャルオフィス レンタルオフィス 賃貸オフィス