バーチャルオフィスの選び方

東京一等地の賃貸オフィス相場

イメージ

"東京のビジネス一等地にオフィスを構えるのは、ステータスにもなります。
ただしそれだけ土地が高く、賃貸オフィスを構えるのも非常にコストが掛かります。
成功した一部の人や企業だけしか実現できないようにも思えますが、実際にはどのぐらいのコストが掛かるのかを見てみましょう。

 

東京都内で土地が高いのは、中央区、千代田区、港区、渋谷区、新宿区と続きます。
特に高いのが、中央区銀座と言われています。
銀座のブランド力が非常に高いですが、それが土地価格や賃料となって反映されています。
銀座の賃貸オフィスの相場は、坪単価でおよそ13,000円ぐらいですね。

 

また、千代田区もオフィスを構える場所としては非常に人気ですが、相場は坪あたり12,000円ぐらいとなっています。
しかし同じ千代田区内でも有楽町や霞が関あたりだと、坪あたり20,000円前後になることもあります。

 

さらに賃貸オフィスの賃料相場は沿線によっても左右されます。
山手線沿線はオフィスでも人気がありますが、渋谷駅や新宿駅近くは相場も高くなります。
住所のステータスが欲しいけど賃料はちょっと抑えたいというなら、人気の沿線からちょっと外れた場所で探すという方法もあります。

 

バーチャルオフィスやレンタルオフィスを利用すれば東京の一等地でも賃料を抑えることができますが、坪単価とオプション料金などを含めると、高くついてしまうこともあります。
それぞれにメリット・デメリットがあるので、事務所設立にあたって本当に最適なのはどちらなのか、十分に検討するといいでしょう。"