バーチャルオフィスの選び方

賃貸オフィスを契約する前の注意点

イメージ

"あれこれ探して条件にあった賃貸オフィスが見つかれば、審査をしてもらい許可が下りてようやく契約という段階になります。
いくら条件にあった賃貸オフィスだからといっても、すぐに契約するのではなく必要な事を確認してからにしましょう。

 

住宅用の物件と賃貸オフィスでは保証金の額が大きく異なることが多いですね。
保証金は退去後に戻ってくるお金なのですが、その返還時期をちゃんと確認しておかないとトラブルになることもあります。
部屋を原状回復し光熱費などを全て精算したあとに速やかに返還されることもあれば、1ヶ月から6ヶ月後と時期が明記されていることもあります。
さすがに3ヶ月以上は長すぎるので、注意しましょう。

 

原状回復も退去時に揉めるケースが多いのですが、事業用と住宅用ではその義務に違いがあります。
多人数の出入りが予想できる事業用だと経年劣化も早くなるという考えから、自然消耗とは捉えず原状復帰の対象になることも多いのです。
契約書の内容をしっかりと確認し、一体どの程度まで回復しなくてはいけないのかをはっきりさせておきましょう。
大事なのは、入居前に現状の写真を撮っておくことです。

 

そして賃貸オフィスを出来る限りずっと使いたいと思っていても、定期借家契約によって更新ができないケースもあります。
その場合はまた新たに賃貸契約を結ばなくてはいけません。
思うように再契約ができなかったら移転先を探さなくてはいけなくなるので、自動更新制なのか定期借家契約なのかもちゃんと確認しておきましょう。"