バーチャルオフィスの選び方

賃貸オフィスのオーナーと交渉は可能?

イメージ

"希望の立地にちょうどいい広さの賃貸オフィスが見つかっても、コストが少々オーバーしてしまうこともあります。
その場合諦めるのではなく、オーナーと交渉するという方法もあります。

 

保証金や家賃、礼金は交渉次第で値下げの可能性もできます。
その場合にはただ値下げをしてほしいというのではなく、その根拠を提示するのがポイントです。
周辺の相場を調べておき、設備や築年数に応じて交渉をしてみます。

 

また、賃貸オフィスではフリーレントというシステムがあります。
フリーレントとは賃料が無料になる期間を設けるシステムです。
いったいなぜこのようなシステムを導入するかというと、賃料の下落を防ぐためです。

 

新しく入ってくる入居者に対して賃料を下げてしまうと、既に居住する入居者の不満が募り、値下げを求められてしまうことになります。
入居者全員の賃料を下げてしまっては、オーナーの収入に大きく響いてしまいます。
それを防ぐために、最初の数ヶ月間を無料にして結果的に値下げしようとするのです。

 

フリーレントの期間は2ヶ月・3ヶ月ぐらいのことが多いですが、交渉次第では延長することも可能です。
住居用の物件では少ないシステムですが、賃貸オフィスでは結構あるのでフリーレントに注目して物件選びをしてみましょう。

 

このような交渉は入居者が直接オーナーとするのではなく、仲介業者である不動産業者に依頼するのが基本です。
不動産業者を選ぶときには、いかに交渉に応じてくれるかにも注目してみるといいでしょう。"