恐るべきレーザー光線について

恐るべきレーザー気をつけえろ

イメージ

 

かなり昔の話だが2008年にロシアのコンサート会場で30人超の観客が目にレーザー光線を浴びて傷を負った事件があった。数人は視力を80%失っていて、回復することはできないそうです。
このようにレーザーは使い方を間違えるととんでもないことになります。
レーザーザーが目を直撃すると失明の危険があるのです。特に危ないのがハイパワーのレーザー。また、赤外線レーザーというも危ない。趣味のレーザーで扱う機会の多い赤外線LDやYAGレーザーは、肉眼では見えないのでやっかいだ。そのためうっかり目に入っても気付かないことがある。実際過去の事故ではYAGレーザーが圧倒的に多いらしい。
光線が見えなくてもダメージは食らう。
ではレザーから身を守るのは何があるのだろうか。目を保護するためにレーザーゴーグルという手がある。レーザーマーキング加工等の作業をする際にはかかせないだろう。

 

あとレーザーポインターもけっこう危ないのだ。
レーザーポインターは、主に半導体レーザーを利用している。時々講演やセミナーなどでの場でプロジェクターで表示した映像などの指摘したい場所を教えるために使われている。
様々な場で利用されている。例えば人が触れることのできない高い高温なもの危険なものでもピンポイントで指し示すことができるで教育現場で多用されるが使い方を間違えると
えらいことになるから要注意が必要なのである。

 

レーザーの事レーザーマーキングのことについて知りたい方は下記
をクリックしてください

 

詳細はこちら

 



トップページ バーチャルオフィス レンタルオフィス 賃貸オフィス