レンタルオフィスの選び方

司法書士事務所をレンタルオフィスで

イメージ

司法書士という職業は、独立性の高い職業です。
ですから一般企業のサラリーマンが独立開業を夢見て司法書士の資格を取る人も多いですよね。
でも資格を取って開業したからといって、すぐに仕事がバンバン決まるわけでは無いんですよ。
だから自宅を事務所にしている人も多いですが、それだと閉鎖的になり余計に顧客が捕まりません。

 

そこでひらめいたのが、レンタルオフィスの利用です。
レンタルオフィスは駅から近いなど交通面での利便性が高いところにあることが多いため、顧客を呼ぶのに向いています。
名刺やホームページに自宅の住所を載せる必要がないし、仕事とプライベートの切り替えもしやすいですね。
立地のよい場所にあるからそれだけで周知に繋がります。

 

個人でやっている司法書士だから、本当に狭いスペースでいいんです。
同じような職業の人も他にいて、情報交換ができて人脈を作ることもできました。
それが結局は仕事に繋がっていきます。
仕事を多くこなしていって信頼を重ねていったら、だんだんと仕事の量も増やすことができますし、そうなれば事務員を雇って賃貸事務所を構える必要も出てくるでしょう。

 

でも、仕事をスタートする場所としては本当にレンタルオフィスは手ごろだと思います。
家具の準備やら苦手なネット環境の整備やら面倒な作業を省いて、本業に集中することができますよね。
通勤時間が勿体ないという人もいますが、仕事に集中できる環境と整えるなら決して無駄だとは思いません。