バーチャルオフィスの選び方

レンタルオフィスのデメリットを考える

イメージ

レンタルオフィスは初期費用が少なくてすむ、一等地でもオフィスルームをシェアすることで事務所を構えることができるという点では、非常に多くの会社や個人事業主に取ってメリットがあります。
私も会社をスタートさせるときにはレンタルオフィスを使っていましたが、使い方次第ではデメリットがあるということ考えなければいけないと感じました。

 

まず、長期で考えると費用が割高になっていくこともあります。
会社を大きくしたい、仕事の幅を広めたいと思い人は多いでしょうが、だんだん規模が大きくなってくるとどうしてもレンタルオフィスでは手狭になります。
人件費を抑えるために利用していたオプションサービスも会社の規模が大きくなってくると対応できなくなってきますし、かえってスタッフを増やした方が効率化アップとコスト削減に繋がることだってあります。

 

また、運営が安定していないレンタルオフィスだと、いつ何時無くなってしまうかもしれません。
短期で利用する分にはとても便利なサービスですが、利用している間にしっかりとした計画を立てておく必要もあります。

 

だから本当に自社のスタイルにレンタルオフィスは合っているのか、または信頼のできる企業が運営しているのかをしっかりと見極めて、上手に利用するのが大事です。
レンタルオフィスもあちこちに増えていますが、頻繁に住所を変えていては業務上面倒な手続きも多いですし、慎重になって損することはありません。