バーチャルオフィスの選び方

SOHOをレンタルオフィスでするメリット

イメージ

SOHOとして自宅兼事務所でやっている人は多いはずです。
自宅兼事務所のメリットは、何といっても初期費用を抑える点です。
例えば家賃や敷金・礼金、周辺の設備代、水道光熱費などです。
ほんの少しのスペースでいいSOHOなら、自宅の一角をオフィスにする方がずっとコストもかからずに済みます。

 

でも、どうしてもプライベートとのオンオフの切り替えがしづらいという点があります。
家族がいると仕事にも集中しづらいし、効率が下がってしまいます。
費用は掛けたくないけどSOHOスペースが欲しいというなら、シェアオフィスやレンタルオフィスのサービスが便利です。

 

レンタルオフィスは既に什器類が備え付けられているので、本当に仕事に必要な資料やパソコンを持っていくだけで事務所をスタートさせることができます。
出社するという行動がスイッチになって、仕事モードに入りやすくてはかどります。
それに名刺を人に渡す機会があるのですが、自宅住所を仕事関係の人に教えないで済むという利点もありました。

 

結局家賃や交通費など自宅に比べるとコストは掛かってしまいますが、普通の賃貸物件を借りるよりはずっと抑えることができます。
それに費用が掛かった以上に仕事に集中でき、効率アップにも繋がりました。

 

レンタルオフィスを利用する会社や個人事業主は様々なんですが、クリエイター系の人も結構好んで使うことが多いようです。
異業種同士交流して情報交換するのもいいですが、同業同士情報交換できるのも非常に大きなメリットですよ。