レンタルオフィスの選び方

短期利用でレンタルオフィスをチョイス

イメージ

短期プロジェクトのために貸事務所を探していたのですが、一般的な賃貸物件だとどうしても契約期間や敷金・礼金などの縛りが多く、適当なものが見つかりませんでした。
そこで色々と調べてみると、レンタルオフィスというシステムがあることが分かりました。
要はオフィスルースをいくつかの会社・個人事業主でシェアするもので、あらかじめ必要なオフィス家具や複合機などの事務用機は揃っています。

 

レンタルオフィスは本当に短期利用に向いていますね。
敷金などの費用も必要ありませんし、短期利用だからといって断られることもありません。
入居・退去の手続きも、本当にスピーディーです。
あまり揃えるものもなく、ノートパソコンだけ持ってきて仕事している個人事業主もいたぐらいです。

 

よく打ち合わせする機会があったのですが、その場合は貸会議室を借りることで対応できました。
利便性のよい場所に短期で事務所を構えることができたのは、レンタルオフィスだったから実現できたことだと思っています。

 

ただ、じっくり腰を据えて働きたい、頻繁に来客がある、会社の規模が大きくなってスタッフを増やさなくてはいけないという場合には、やはりレンタルオフィスは合わなくなってきます。
そうなると本格的に賃貸物件を探さなくてはいけないでしょう。
使い方次第では無限に可能性が広がるので、オフィスのひとつの形態としてレンタルオフィスを選択肢に入れておいてもいいのではないでしょうか?