バーチャルオフィスの選び方

バーチャルオフィス利用時の会議はどうする

イメージ

バーチャルオフィスは特に事務所を構える必要もなく、起業するときの初期費用を抑えることが可能です。
しかし、あくまでも住所や電話番号を借りることができるだけで、仕事ができるスペースを借りるサービスではありません。
そうなると打ち合わせをするときには喫茶店やファストフードに行かなくてはならず、場合によっては不便なことも多々あります。

 

そこで、バーチャルオフィスだけではなくレンタルオフィスサービスも併用して行っているところを利用すれば、解決することもあります。
レンタルオフィスでは会議室や打ち合わせに必要なスペースを、時間貸ししているところが多いからです。

 

貸会議室は用途に応じて、2・3人で利用できるスペースから100人以上収容可能なスペースもあります。
借り方も1時間単位、半日、日数などから選べます。
会議や打ち合わせだけではなく、来客応対に使うことも可能です。
もし貸会議室を利用するのであれば、以下の項目についてチェックしてみましょう。

 

・必要な収容人数がカバーされているか
・どんな設備があるか(プロジェクター、ホワイドボード、スクリーン、DVDデッキなど)
・予約は入れやすいか(ネットで空き状況がみられる、受付時間、利用時間なども)
・キャンセル料などについて

 

貸会議室サービスは様々なところで行っていますが、バーチャルオフィスと同じ場所で借りられるなら手間が省けます。
バーチャルオフィスを選ぶ時には、自分の用途にあった貸会議室があるかどうかにも注目してみましょう。



トップページ バーチャルオフィス レンタルオフィス 賃貸オフィス