バーチャルオフィスの選び方

バーチャルオフィスで会社設立は可能?

イメージ

"バーチャルとはいえ低価格で一等地に事務所を構えることができるので、バーチャルオフィスを利用して会社を起こしたいと思う人も多いでしょう。
しかし、その場合にはいくつか注意点があります。

 

バーチャルオフィスによっては、法人登記を断っている場合もあります。
ホームページに事業所の住所として利用する分にはいいものの、登記手続きには使っちゃダメというケースですね。
全般に法人登記を禁止している場合もあれば、職種によって禁止している場合もあります。
ですから、もし法人登記を目的としてバーチャルオフィスを利用するのであれば、事前に規約について調べておく必要があります。

 

また、法人登記を許可するところでも、利用するプランによっては異なる場合もあります。
例えば住所だけを借りるだけのプランでは登記できないけど、会議室を利用するサービスが含まれている場合ですね。

 

逆にバーチャルオフィスでも、会社設立や法人登記代行を行っているところもあります。
しかも普通に司法書士事務所へ依頼するよりも、バーチャルオフィスを通した方が設立費用を抑えることが可能です。

 

登記ができれば、自宅の大家からビジネス利用の許可が下りないときにも便利です。
バーチャルオフィスの住所を利用できるメリットは、自宅の住所を晒したくないという理由だけではないんです。
バーチャルオフィスを比較するときには、このような会社設立時のサービスがあるかどうかもチェックするといいですね。"